手前 板前 男前

手前 板前 男前

新型コロナ騒ぎで思うこと(魚山人)

世間では、 日本政府の対応の遅さとか、自粛にまつわる日本人の民度など、 色々な意見が噴出しておるようです。 これについて、おいらが言いたいことは一つだけですね。     「知性とは、識字率の高...
手前 板前 男前

《ひらひら》 拓郎へのファンレター

洋食にも中華にもカブレた事がある。 アジア料理も研究し、一時最高だと思ったことがある。 でもやはり【和食】が最高だと結論し、死ぬまで和食だと思った。 ワインがどんだけ奥深いかは分かってます。 でもね、おいらは死ぬ前にポン酒を...
手前 板前 男前

中島みゆきに勲章 現代のアマテラス(天女)

中島みゆきはおそらく日本で一番たくさん国民を泣かせた女性である。 素晴らしいのはその泣かせ方に「偽善」が全然ない事だろう。 だから女だけではなく男も泣く。 子供も泣けば大人も泣くし老人だって泣く。 言葉の使い方で中島みゆきの...
手前 板前 男前

春からのMail 【横浜の蕗の薹】

鯔次郎氏が写真を送ってくれました。 フキ味噌の記事のコメで「横浜市内の蕗の薹」の話が出たからです。 これが横浜の何処かは知りませんが、周囲の枯れ葉の汚れ方は排気ガスによるものと思いますので、おそらく街道が近いのでしょう。 ...
手前 板前 男前

浜田省吾と紅白、川島英五

年末にチラホラ流れた噂によりますと・・・・ 「今年の紅白はサプライズでハマショーが出るらしい」 おいらは即座に「馬鹿なこと言ってんじゃねぇよ。ありえねぇ」 そう思いました。 なぜかというと、紅白に出ることにより、浜田省吾...
手前 板前 男前

ハマショーは予言者か

男は見果てぬ夢を追い、 女は自分を幸せに出来る男を探し続ける。 本来ならそこに接点はない。 だが人間には「自己解釈」という武器がある。 「思いたい様に思う」、つまり希望的観測の内部実現です。 中途半端なスマホとタブ...
手前 板前 男前

まぐろ握りsushi 2011

正月にマグロの寿司を喰う。 その理由を正確に説明するのは難しい。 世の中ってなぁ、相も変わらず「軽い」。 うんざりして投げ出したくなるほど軽い。 縁を切りたくなるほどに軽い。 「ふざんけんじゃねえや、ばかやろう」、と、 ...
手前 板前 男前

ズレた感覚と包丁傷

寒くなりましたねえ。 早朝の築地市場を歩いている連中の吐く息なんぞはアナタ、まるでゴジラが放射能光線を発射してるようなアリサマになっておりますよ(笑) 2013年も残すところ僅か数日。皆様は今年なにか良い事がありましたでしょうか。 ...
手前 板前 男前

【元気です】 兄から妹へ

あんきも豆腐 アンキモを裏ごし致しまして、これを卵液とあわせます。 それをお出しで割りましょう。 たまご豆腐の割でよろしいですね。 しかし1:1ではなく1:1・5くらいが良い。 これは流し缶があればうまくいきます。 ...
手前 板前 男前

晩メシ材料~鯔次郎一家

「鯔次郎一家」とか、まるで江戸時代のヤクザみたいですが、21世紀横浜市の健全なご家族です。 父親がややチンピラみたいではありますが、まぁすし職人として真面目に働いておりますのでよしとしましょう。 関係ないが、ものはついで。 そ...
手前 板前 男前

灯火なき航海/モノ作り達の未来

現実 凍えるアスファルトから氷柱の蜃気楼が立ち上る様な深夜の中央区。いくらコートの襟をつまんだところで冷気は足元から容赦なく体に喰らいついて来ます。暖の有る季節なら薄く朝日が差そうかって時間なのに、漆黒の空は街明かりを吸い込む...
手前 板前 男前

老骨に成長、錆くれの建て増し

古来の行事よりも、バレンタイン。 考えてみれば妙な国ですなぁ。 一事が万事と申しますが、 このへんに「集約」されている気がします。 上空から見る東京の夜景は美しいものです。 しかし、それが昼間ですとまるで残骸に見える。 ...
手前 板前 男前

冷故痴沁

「温故知新」 板前ブログの初期から、この言葉をサイトの端に貼り付け続けています(今はHP)。おいらが書き続けて来たものを、もし残らず読んでいて下さる人がおりましたら、なぜ「温故知新」に拘るのか何となく理解して頂けるのではないでしょうか。 ...
手前 板前 男前

「姥捨」の現実を直視すべし

石原知事が言うように、「信じられない親不幸者たち」と切って捨てれる単純な問題であろうか。否。もはや「親不孝」などと個人を攻めてウヤムヤにしようとしても無理な、この国の根幹に関わる根の深い問題なのだ。 「姥捨」の問題は日本人が最も避けた...
手前 板前 男前

パロディと摸倣の違い

有名なお菓子「白い恋人」 それを真似て売りだしていた吉本興業の「面白い恋人」 「白い恋人」の製造元【石屋製菓】がたまらず提訴。 吉本側の販売差し止めを求めて争っていました。 先日、和解が成ったとの報道がありました。 吉...
手前 板前 男前

疏雨疏雨と頬を打つ雫

疏食を疎にして気は貧す ほぼ例外なく見た目が美しく華やかになればなるほど料理は栄養を失います。 狭義で用いる『日本料理』と称するものより『惣菜』に軍配があがるのは確実でありましょう。 食文化というのは時勢の影響を受けずにはおれませ...
手前 板前 男前

ピンハネ王国

CNNの記事によりますと、 英国の外国為替企業は27日までに、世界の主要空港から最寄りの都市へのタクシー料金に関する調査結果をまとめ、日本の成田空港が平均「300米ドル」で最も高額だったと発表した。 現在の為替相場では約2万94...
手前 板前 男前

バランス(中庸)の保ち方

イデオロギーなど存在しない 右翼や左翼という言葉がいまだに残っております。 そんな「思想」なんぞ実はもう「無い」んですが、言葉はある。 保守的な傾向を持つ集団と個人は右 革新的な傾向を持つ集団と個人は左 そういう風に用いら...
日本の核武装

【爆買い】と【脅威論】の矛盾とElegy

欧州から日本に戻ると毎回愕然とする事がある。 街並みに絡みついた糸屑のような【電柱とケーブル】の様相。 とくに駅裏商店街などのソレは呆然とするほど無秩序であり、雑然として見苦しい。 年々ひどくなるばかりで、ネットや有線TVが普...
日本の核武装

日本人の選択肢

8月30日を日本の変換点と呼ぶのは大袈裟ってもんでしょう。自民党にとっては歴史的な日かも知れませんが、日本人にはそうでもない。 『脱官僚』出来ない限り日本は何も変化しません。 自民党の政策と対になっていた強固な官僚組織がそんまま...
日本の核武装

日本の核武装③

核防衛国への道 その構築 どうやって認めさせるか ・日本国民 広島・長崎へ原爆投下。その傷口は未だ重く、日本国民は核兵器保有を認めることはないだろう。 しかし、一方では平和利用とは言え「核の保有」を容認している。 中曽根康...
日本の核武装

日本の核武装②

なぜ核防衛か 議論さえできない現状 日本で『核武装論』を語れば袋叩きか異常者扱い。 どちらにしても危険人物と見られて終了。 議論することさえ問題外の絶対的タブー。 なぜこのようになっているのか? ・「非核三原則」 (核...
日本の核武装

日本の核武装①

現状で中国と戦争状態になれば日本は敗北する 現実的にみれば、日本が戦争当事者になる可能性はまず無いと考えてよい。ありえない事である。 しかしゼロであると言い切れるかというと、言い切れない。我々が生きる世界に絶対はなく、常に不確実性に...
日本の核武装

日本の核武装 プロローグ(「蛇と蛙」なのか?)

「自由貿易による経済成長の限界がみえてきた」 もう「美味そうな話」が見当たらず、先行きの暗さばかり。 そこで、世界が舵をきる方向は、【軍需依存】 つまり「戦争経済」 高価な「商品」を次々に消費してくれる「軍需」。こん...
日本の核武装

日本の核武装 プロローグⅣ

腐卵累して破に及ぶ 卵ってやつは外見から中身が分からない。 腐っていても「ピカピカツルツル」の上等に見えたりね。 「累卵之危」(るいらんのき)という言葉があります。 卵を積み重ねればどうなるか、それを表現したもの。 いつか...
日本の核武装

日本の核武装 プロローグⅢ

《マッチポンプ》のポンプ側 増税のタイミングで「偶然起きた」領土問題 領土問題は戦争以外の方法では解決しないという一文を含む記事を先日書きました。 その趣旨は、「政治の季節」になると何故か世間を騒がす問題として「コレ」が浮上するの...
日本の核武装

日本の核武装 プロローグⅡ

ーーー牛は荷を運び田畑を耕す益獣であり 鋭い角で相手をなぎ倒す猛獣であるーーー 鼻輪付きの迷い丑 北京ー15日 尖閣諸島の問題を口実にした反日デモが、日中国交正常化以降最大規模となり、日系企業や日本人が襲われるなど、かつ...
日本の核武装

日本の核武装 プロローグ壱

似非愛国と愛国 前回の「自虐史観とモンスターペアレント」の続編です。 そのため記事公開の日時がおかしくなっております。 連日のように韓国側から精神異常のサイコパスじみた日本批判が流れてきます。 「天皇発言」や「原爆発言」は明...
手前 板前 男前

「反日」のパズル 中国

尖閣問題が「ステージ2」に進んだようです。 【11月23日 AFP】から 中国政府は23日、同日午前10時(日本時間同11時)から尖閣諸島、を含む東シナ海上空の空域に防空識別圏を設定したと発表した。 中国国防省はこの空...
手前 板前 男前

経済成長という名の幸福

AFPの記事から 中国経済成長の代償、じん肺で死に行く出稼ぎ労働者たち 2013年06月08日 発信地:双溪/AFP 経済成長に沸く中国。湖南省にある人口数百人の村、双溪ではかつて200人前後の男性が、都市部でのインフラ整備や超高層...
タイトルとURLをコピーしました