天然青砥  

天然青砥

和食材料

青砥は合砥(仕上)の京都本山鉱脈で例外的に採れる中砥です。

主産地が丹波の中心地(亀山)であった亀岡なので「丹波青砥」。これは人造砥の「青砥」との違いを表す呼び方にもなります。

中砥とは言っても、3000~5000番程度であり研ぎ感はほぼ合砥。

つまり中砥と仕上げの兼用ができるわけで、お得な天然砥といえます。 (精密な刃をつけたい方は別の仕上げ砥で合わせるようにしてください) 使ってみての感触によって使い方を微調整しましょう。

油分を含んだ砥汁が出て包丁の滑りがよく、研いでいて気持ちがいいです。 「研いでいる感」がある天然砥なのです。



砥石 天然砥石 青砥



本山青砥



天然砥石 青砥(木製台付)&激荒面直し&中砥石 セット


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.