V金10号本焼包丁  

V金10号本焼包丁

和食材料

今回はV鋼シリーズを作っている武生特殊鋼材(株)の【V金】の紹介です。

炭素系のクロム添加鋼V1やV2、V2Cとは別に、硬くて粘りがあり不純物の少い良質の原料を最高の精錬技術で作り上げた武生の特殊ステンレス鋼が所謂『V金』でして、「V金1~2~3~5~7~8~10」「V金特」「金2」などがあり、セミステンにV銀1~3があります。

硬く、しかもねばりが強く、磨耗しにくい、しかも錆びない。
およそ考えられる庖丁の理想系に限りなく近い優れものって事ですね。

和庖丁にはコバルトを添加したV金10号が向いていると思います。 靱り強さに加え、長切れし、しかも研ぎやすい。 これで錆びないってんだから炭素系の本焼が霞んでしまうのも仕方がないのかも知れません。 こうした極めて特殊な精鋼技術で作られた鋼はこれに限らず非常に「本焼」にするのが難しいものです。生半な腕では打てないからです。


すべてV金10号鋼(本焼)を使用し 硬く仕上げました。 オリジナル刃物鋼"V鋼シリーズ"を製造している武生特殊鋼材(株)が新たに作り出したステンレス刃物鋼V金10号を使った刺身(正夫・柳刃)包丁です。

厳選された純度の高い原料鉄を用い、最高の精鋼技術で作られたV金10号は、靱り強く、加工性、鍛造性に優れています。またコバルト(Co)添加によって素地の強化しましたので切れ味が長持ちします。
熟練した職人が時間と手間をかけて丁寧に鏡面に仕上げました。
【一文字厨器】より


堺一文字光秀 V10本焼 鏡面仕上 柳刃包丁300mm








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.