酔心イノックス本焼  

酔心イノックス本焼

和食材料

酢のたっぷり混ざった舎利に庖丁を入れなければならない鮨職人が特にそうでしょうが、錆びない本焼には需要が高いものです。

昔はクロムを入れたステンしかなかったのですが、最近は各メーカが競って新素材を開発して売り出しております。

サビに強いおすすめ包丁は、スェーデンINOX鋼の良質なものを選び、本焼に仕立てた酔心INOX本焼。

HRCは61程度で、研ぎやすく粘りもあります。 堺の研ぎ師が鋭い刃をつけての仕上げです。これをベースとして手入れをすると良いでしょう。

柄の構造も細やかな配慮が伺えて、本職向けになっています。酔心さんの包丁は全体的に安定感があるのではないでしょうか。


酔心 INOX本焼


酔心 INOX本焼



酔心 INOX本焼 柳刃

酔心INOX本焼和包丁は、サビに強く、研ぎやすく、鋭い切れ味が出せる本職用和包丁です。
スウェーデンINOX鋼は、分子が細かく、粘りがあるため、滑らかな切れ味を長く保つことが出来る。
この素晴らしい材質も高度な加工技術がなければ材質の良さを引き出すことが出来なかった。
【包丁どっとこむ】より








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.